旭山動物園が一躍有名になったイベントはやっぱりこれでしょう!!


もくじ


スポンサーリンク


これで有名になったペンギン散歩

ペンギン散歩で一躍有名になった旭山動物園ですが、元々はペンギンの冬期期間中の運動不足解消のため始めたとされています。

ペンギン散歩は、例年11時と14時30分の1日に2回行われており、約500㍍ほどを1時間前後かけて散歩します。最近ではキングペンギンとジェンツーペンギンの2種類のペンギンの散歩が見られますが、元々はキングペンギンのみの散歩でしたが2007年頃よりジェンツーペンギンも参加するようになりました。

キングペンギンは集団行動をする習性がありみんなでヨチヨチ集団で歩きますが、ジェンツーペンギンは集団より『我が道を行く』タイプで散歩コースから離れて周りのお客さんの所まで遠征することもあり、これが何とも可愛らしさを醸し出しています。

また、3月になると換羽期間となる為、あまり散歩をしたがらなくなり1日に1回しかペンギン散歩を実施しなくなるので、2回見たいよーって方は2月までに行くようにした方がいいですよ


ペンギン散歩はいつから見れる?

画像の説明

ペンギン散歩はある程度積雪がないと実施されません。ハッキリと何月何日とは言い難いのですが、例年12月中旬頃にはある程度積雪があるのでこの辺りを目途にしとくと間違いは無いと思われます。

また、終了時期も積雪に関係しており3月頃には終了してしまいます。

正確な日程は旭山動物園にお問合せください。


ペンギンの散歩コース

ペンギンの散歩コースは、ペンギン館を出てあざらし館の入り口の横を通り、一度無料休憩所のやすらぎの森横を通り、学習ホール過ぎたところからぺんぎん館に戻ってくる全長約500mのコース。

戻ってくるまでの時間は、40分~50分程度。ペンギンの気分次第にもなります。

コースには、赤いラインが引かれていて、見学者は赤いラインに沿って2列で見ることになります。

前列の方はしゃがみ、ペンギンの目線で見ることになります。しゃがめない方は、後列で見るようにしましょう。

現地人が教えるペンギン散歩の撮影ポイント

ペンギン散歩を誰もが撮影したいと思うのですが、なんせ人がいっぱい居て中々ベストショットが撮れないと言う方に、私がチョコとヒントを差し上げます。

思い出の写真を収めたいと言う方は学習ホールからペンギンたちが戻ってくる区間を狙って写真撮影してみてください。特にあざらし館付近はペンギン単体の写真が撮れあまり人影が入りずらいですよ!!

また散歩コースのカーブを狙うのもいいかも知れません。通常はペンギンの横姿の写真になりがちですが、カーブ地点ではペンギンを正面から撮影出来ます。



ペンギン散歩を上手く活用し旭山動物園を満喫する

ペンギン散歩は旭山動物園の名物行事です。この時間帯はその他のあざらし館やほっきょくぐま館の見物人が減ります

これをうまく活用し、ペンギン散歩の始まる時間帯は見物人が少なくなったその他の施設を見学しペンギン散歩が終わる終盤に併せペンギン散歩を見に行くようにすると、見物人が少なくて済みますし先ほどご紹介した写真をとるポイントにも行く事が出来ます。

ペンギン散歩は1日に2回あるので上手く時間を活用して旭山動物園を満喫して下さい


注意事項

最後にペンギン散歩をご覧になる方に決してやってはいけない事をお話いたします。


  • 動物と人間の境目はしっかり守ろう
    散歩コースには赤いラインが引かれております。これは散歩するペンギンが快適に散歩するための境界線です。時々ジェンツーペンギンが見学している人の近くまで遠征しに来ますが、赤いラインを越えてペンギンたちに近づこうとは決してしてはいけません。


  • 私に触っちゃダメよ~
    運が良く手を伸ばせば触れる距離までペンギンたちが近寄ってきますが、決してペンギンたちには触らない様にしましょう。
    ペンギンたちは触られることにより、それがストレスで散歩を止めてしまうかも知れませんし、いきなり『くちばし』で突付かれると怪我をします。
    私の知人が旭山動物園の職員でいますが、いつも身体中アザだらけです。もし、これが小さなお子様ですとアザでは済まないかも知れませんよ!!

  • 思い出の写真は欲しいがフラッシュはたかないで!!
    旭山動物園内はカメラのフラッシュは全面禁止です。これはカメラのフラッシュにより動物たちにストレスなどが溜まり病気になる可能性があるので、綺麗な写真を撮りたいからといってフラッシュは決してたかないでください。
    ペンギン散歩の時も係員の方が一生懸命『フラッシュはたかないで~』って言っている傍からフラッシュをたいて写真を撮る方が居ますが最悪の場合ペンギンが散歩を中断してしまう可能性があるので必ずフラッシュはOFFにしましょう


関連ページ