夏に見る動物たちもいいですが、冬に見る動物たちもいつもと違う様子が見れて面白いですよ。

また、旭山動物園では冬にしか見られない名物行事の『ペンギン散歩』があるので夏に1度旭山動物園に来園された事がある方も冬に再度旭山動物園に足を運んでみてください。


もくじ


スポンサーリンク


冬の旭山動物園を楽しむには

昔に比べると随分と暖かくなりました、それでも冬の旭川は非常に寒く防寒などしっかりとしないと寒さで動物たちを見るところではなくなります。

そこで冬の旭山動物園にご来園する際の服装について少しお話させていただきます。


冬の旭山動物園での服装

よく若いカップルなどで見かけるのが、「ダウンコート」だけとか「ロングコート」だけとかで動物園内を歩いている方を見かけますが、ハッキリ言って寒さで動物を見るより園内に退避されると思います。

若い方はお洒落も気にされるでしょうが、最低でもダウンコートに手袋とマフラーを着用するようにしてください。手先や首元が冷たいと身体の体温が一気に下がります。

また、1度身体が冷えてしまうと中々温まるまで時間がかかるので、せっかく旭山動物園に来たのに建物の中の動物しか見れなくなりますよ。

それと、旭山動物園は非常に坂が多い地形となっていますので雪の上を歩く事が慣れている北海道人でさえも転ぶ事があります。まして雪の上を歩いた事がない方は必ず滑り止め金具などを着用することおすすめします。

画像の説明

あと女性で多いのがヒールの付いたブーツで来られる方もいますが、ブーツはお辞めになった方が無難です。

私なりの考えですが、冬の旭山動物園に来る際に適した服装で1番いいのが、やはりスキーウェアーを着用し手袋もスキー用でしっかり防寒対策をしたうえで動物たちを見るのをお薦めします。

また、最近ではユニクロなどから発売されている身体にある程度フィットしたインナーをスキーウェアーの下に着ると寒さを感じないで楽しく動物たちを見る事ができますよ


3月頃の服装

ペンギンの散歩などは3月中旬でも見る事が出来るので、この時期に合わせて旭山動物園に来る方も多いかと思いますが、旭川をなめちゃいけません!!

それこそ日中は10℃近く気温が上がる時もあり、日差しがさしていればある程度の寒さをしのげますが、日陰などに入ると一気に身体の体温が奪われます。

また、夏用のスニーカーなどでご来園される方もいますが、日陰などは見た目では普通の黒いアスファルトにしか見えないのですが、氷が張っている場合があります。

これはブラックアイスバーンと言い北海道人でさえも見落として転ぶ時があるのでお気をつけてください


関連ページ